避けては通れない屋根のリフォーム

家は建てたその時から老朽化が始まっています。真新しかった家も、風雨にさらされれば当然汚れていき、傷みも生じてきます。中でも、家の最上部にあって、雨や直射日光をまともに受ける屋根は、家そのものを守る大事な箇所。家の中でも最も早く傷みが生じる可能性があり、もちろんそのための対策も講じてあるのですが、年月を経ると共に、老朽化は避けて通れません。

ところが、普段、屋根を見ることなど皆無。2階から1階部分の屋根が望める家ならともかく、それもできないような家なら、屋根の傷みは老朽化は傷んでいてもなかなか気づかないもの。

だからこそ、築10年を過ぎたら定期的に点検を行うようにしましょう。万が一傷んでいても、軽微であれば補修程度で済みますし、傷みというものは、生じ始めると一気に進んでいきますから、早めの対策が必要です。早めの診断、早めの治療が重要なのは、人間と同じですね。

このサイトでは、屋根のリフォームに関するあれこれをご紹介します。避けては通れないことですから、せっかくならメリットの大きい方法でリフォームに臨みましょう。一口にリフォームと言っても、色々な方法があります。

避けては通れない屋根のリフォーム

見えないけれどもとても大切、屋根リフォームの基礎知識

見えないけれども大切、屋根リフォームの基礎知識です。

住まいが変わる・くらしが変わる。これからの屋根リフォーム

住まいが変わる・くらしが変わる。これからの屋根リフォーム。

避けては通れない屋根のリフォームを考えましょう。

見えないけれどもとても大切、屋根リフォームの基礎知識
見逃してはいけない屋根リフォームサイン
定期点検と自主点検
業者はどうやって見つけるのか?
工事内容で大違い。見積りチェックのコツ
瓦の葺き替え、確認のポイント
知っておきたい葺き替え期間の生活注意
悪質業者はこうやって撃退!
住まいが変わる・くらしが変わる。これからの屋根リフォーム
雪国の屋根・南国の屋根・日本の屋根事情
最新の金属屋根材で信頼性アップ
屋根を「機能」で考える。遮熱・断熱・静音の屋根
これから屋根に乗せるもの・アンテナ・太陽光パネル
注目!天然石チップの屋根材が話題
明るい居室を実現するガラス瓦とは?
廃材が少なくてエコロジー。カバールーフ工法
避けては通れない屋根のリフォーム見えないけれどもとても大切、屋根リフォームの基礎知識住まいが変わる・くらしが変わる。これからの屋根リフォームサイトマップ